2007年12月24日

「スーパーラット 12c」冷たっ!!

同行: K師

この週末。全体に天気が振るわない中、月曜は晴れ間が望めると見込んで太刀岡へ。

しかし、気温はまずまずなのだが雲がなかなか取れない。岩に陽が当たらないとホールドも冷たさが抜けない。

少し待ったが日差しが戻らないので、午後早くに一便目を出した。
手がかじかまないように、5P目まではいつもより心持ち早いペースで登る。しかし5P目クリップしてレストしている内にどんどん指先の感触が失われて来る。ままよ!と右手カチガバ、左手大穴へ。足を慎重に決め、6P目クリップ。左足を大穴にヒール&トゥして、左右の手を交互にレストする。ムーブは今までで最高の出来だ。しかし、指先の感覚は無く、指も上手く開かなくなってきた。体勢は安定しているのでリップ上のガバはいつもより近く見え、十分届きそうに見える。
えいっ!と右手を飛ばす。ガバに十分届いたが、やはり指が言うことを聞かず、掴み損ねた。ああ〜・・・

午後2時頃からようやく日差しが出てきた。ストレッチをして疲労を抜いたつもりで2便目を出す。だが、ダメージは誤魔化せず、5P目ですでに足がエルビス。崩れ落ちるようにテンションした。1便目で冷たい指先を信用できず、相当力を込めて登っていたようだ。

こんな寒い年の瀬まで持ち越さずにRP体勢に入れていればなあ・・・と思う今日この頃。
posted by 松ポコタ at 22:16| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 太刀岡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74476332

この記事へのトラックバック

太刀岡山、カリスマ、1手1足前進
Excerpt: 甲府周辺の低山にも積雪が見える。小山ロックは思いのほか穏やかな気候。12月9日のほうがはるかに寒かった。午前中、雲が多く、なかなか壁が温まらない。 1トライ目は12時頃。上部レストポイントまでは、松ち..
Weblog: 無名クライマーの記録
Tracked: 2007-12-24 23:53

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。