2007年11月09日

太刀岡「カリスマ」・・低いところで右往左往

同行:K師

tachioka.JPG
混雑しない中で落ち着いて登りたいと、平日の太刀岡山へ。
貸切かと思いきや、もう1パーティーいらした。コンディションのよいこの時期、皆さん平日でも腕がうずいて仕方ないのでしょう。

charisuma_sum.JPG
↑「カリスマ 13a」(クリックで拡大)
今日の目標は何とかトップアウトしたいのと、4P目(上の写真で3本目)までのRP?。1便目で4P目まであれやこれやとムーブを試し、2便目でA0使いまくりでトップアウトを目指すも終了点手前で怒パンプ。RP目前の方々がここで力尽きてロングフォールを喫するのがよく解る。3便目で下半分のムーブをおさらい。

もう一方のパーティーの1人がカリスマをRPしたのを拝見。あまりに完成され澱みの無い動きに、最初はエキスパートが余興で登ってるのかと思った。だが長い長いトライの末の歓喜のRPだったそうだ。前半を余裕でこなしてノーダメージで臨まなければ、あの後半の消耗戦には耐えられそうに無い。参考にして手数を減らしたムーブを試すが、付け焼刃は通用しなかった。時間をかけて自分の登りを手にしていくしかなさそうだ。

先週1テンに持ち込みRP態勢突入のK師。本日2便目で6P目手前まで迫る気迫の登りを見せるも、力尽きてのロングフォール。この光景を他の人で何度も見ているので、自分も5P目からが怖くて仕方なかった。だがいつかはRP態勢に持ち込み、恐れずに突っ込んで行きたいものだ。
posted by 松ポコタ at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 太刀岡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65710744

この記事へのトラックバック

太刀岡山、カリスマ、2手前進
Excerpt: 平日クライミング。貸切かと思いきや、他に1パーティ。6月頃に此処でお会いした方が、最初のトライでカリスマ(13a)を完登。そう言えば、このルートの生完登シーンを見るのは初めて。俄然やる気が出る。 日蔭..
Weblog: 無名クライマーの記録
Tracked: 2007-11-10 22:35

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。