2007年10月21日

二子山中央稜 マルチピッチ

同行:ハッピー

アルパイン志向の大学1年生ハッピーと谷川の烏帽子南稜に行くつもりだったが、上越方面の雨模様が好転しなかった。よって、マルチの練習がてら二子西岳の中央稜を登ることに。多摩センター朝6時出発、股峠下に9時着。
 
アプローチで迷ったが、股峠から西岳の祠エリアを過ぎてローソク岩方面へ100mほど進むと右斜面に明瞭な踏み跡があった。しばらく登って、赤い大きなドラム缶が取り付きの目印。

1P目:(30m 5.7) 凹角をボルト沿いに直上後、フレークを右上。テラスは3〜4人収容できる程度。
2P目:(20m 5.8) 左のカンテ沿いにボルトが連打されている。次のテラスは狭い。今日は先行パーティーは二人だけだったが、リードのハッピーはテラス手前でセルフをとってしばらく待たされた。
3p.JPG
3P目:(35m 5.9) クラックだが、右側にボルトが打たれている。前半はレイバック、後半でジャミングも使う。とにかくザックが邪魔!!もっと小さいのにすべきだった。登りきったテラスはとても広い。立ち木でセカンドをビレイ。
4P目:(20m 5.7) 逆くの字にルートを取れば簡単。しかし簡単すぎてボルトは僅少で、抜け口に1つだけあった。抜けたテラスも広いが、草付きで脆いので落石注意。
5P目:(30m 5.8) ビレイ点から直上、ガバの豊富なフレークに沿って古いハーケンが所々。カムや、スリングで穴にタイオフしながら登る。高度感が大変気持ちよい。着いたテラスは少々狭くて浮石もあるので注意。
6P目:(35m 5.7) テラスを左に出て、緩い傾斜をたどり最後のフェースへ。ボルトは僅少。といっても簡単で、最後のフェースもホールドが豊富だ。カムも効く。
7P目:(15m 5.5) 草付きを歩くだけだが、万が一転べば奈落なので一応確保はした。

渋滞が心配だったが混んでなくてよかった。つるべでのんびり登って2時間半ほど。ハッピーは10bを登れるのであまり不安はなかったが、5.9がギリギリの人は難しいだろう。どのピッチもヌンチャクは10本もあれば足りた。カムは必要。ルートはそれほど曲折していないのでシングルロープでも重くはならなかった。
秋晴れで暑いくらいの西岳山頂で昼食。ラペルしたかったが後続がいるので、歩いて下山。「上級コース」と銘打たれた股峠への下りは早いがデンジャラスだ。弓状エリアを覗くと意外と空いており、S川君やO本君がいた。

071021_130452_M.jpg 071021_135416_M.jpg
↑中央稜全景  ↑東岳を望む。紅葉の見ごろは来週あたりかな。
071021_111740_M.jpg 071021_112641_M.jpg 071021_121713_M.jpg
↑3P目上から   ↑4P目     ↑6P目

posted by 松ポコタ at 00:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 二子山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日はお世話になりました。
天候にも恵まれ、とても充実した一日でした。
また誘って下さい。
写真いただきますm(_ _)m
Posted by ハッピー at 2007年10月23日 19:35
なかなかいい岩行だったね。
今度はもっとアルペンな雰囲気の所に行こう。
中大WALLでさらに研鑽して下さい。
Posted by 松 at 2007年10月23日 22:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61997135

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。