2007年10月20日

河又 ダイノサウルスを初トライ

同行: K師

今日は太刀岡のつもりだったが朝にトラブルがあり、急遽河又へ久しぶりに向かうこととなる。
デザートソングは順番待ちが多そうだ。グレードも少し上を目指したくもあるので、シュテファンフェイスの「ダイノサウルス 12b」をトライすることにした。

dino_upper.JPG
↑上部 とってもフィンガリー。
dino_bottom.JPG
↑「ダイノサウルス 12b」取り付き

石灰岩は苦手なのだが、先日の雨にもかかわらず岩は良く乾いていて指も足もかかりが良い。但し、指力が要求されるルートだ。
ヌン掛けであまり消耗すると一日終わりそうなので、ざっとホールドを探って核心手前で降り、一休みしてからトライ。
1P目、2P目は右のクラック沿いのホールドで割りと楽にクリップできる。その後、右の斜めカチをメインに保持して体を引き上げ、左手で甘いガバを飛びつき気味に取る。3P目クリップしてレスト。ここからが少々トリッキーだ。右手サイドプル、左手は真上の小フレークをガストン。右足をハイステップして乗り込み、右手でアンダーを取って4P目をクリップ。狭い範囲に固まった4つの甘いホールドをぺたぺた中継して、一段上の水平ホールドに左手を思い切り伸ばして5P目クリップ。ここまでは来れたが、ものすごい消耗した。ここでテンションして核心を探る。真上の縦ホールドを左手で横引きしながら体を右に振り、右手でカチを中継しつつ体を引き上げてその上のガバ地帯へはいずり上がる。しかし、ガバでも安心して保持できないくらいに消耗した。
次の便も5P目までは繋がるが、核心はムーブがこなせず終わる。
厳しいが、ムーブが極まると面白い。内容の濃い好課題だと思う。

今日K師がトライしていた「なぐり愛 12b」。私が苦手とする短いが厳しいタイプのルートのようだ。K師も今日は頗る調子が悪そうで、悪戦苦闘していた。その代わり、帰りの車中では妙にハイテンションであった。体も心も壊さぬよう、ご自愛下さい・・・
posted by 松ポコタ at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 河又 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。