2007年08月13日

ノーモアレイン、1テン

昨日の晩は酒を控え(止めないあたり潔くない)、
涼しい午前中の2便に賭ける。
1便目で何とかスラブの抜け口まで繋げるが、息があがってしまう。
その後、K師より簡潔にポイントを指摘してもらい、2便目。
○前半の前傾壁はスピーディーに、○アンダーガバを取ってから数手上がって楽にクリップ、とやってみると「成る程、こりゃあ楽だ!!」
○スラブの抜け口、左足キョンを極める際、右手を曲げない。「おおっ、まだ苦しいが左手が縦ホールドに届いた!」
後のポイントはK師とムーブが違うので、自分を信じてスラブの核心部へ。
右手スローパー、左足トゥで振られを止めつつ左手甘いホールドへ。左足今度はクラックにねじ込み、体をあげ、左手遠い縦カチ・・・ヌメってる・・・「ここで耐えて右のピンチ掴めばRPできる!!!」と何度かカチを持ち直してみるが、体を持ち上げた瞬間、左手が外れた。失意のテンション後、ヨレタ体で何とか1テンでトップアウト。
また1テン地獄の幕開けになるのだろうか・・・・
posted by 松ポコタ at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 小川山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51988565

この記事へのトラックバック

小川山、ロッキーロード、真夏の戦略
Excerpt: ロッキーロード(12a)の最初のトラバースは、ムーブの難しさよりも恐怖との闘いになる。常人の神経ではブルースパワー(11c)の1本目のボルトにクリップするであろうが、トポを見る限りロッキーロードの真の..
Weblog: 無名クライマーの記録
Tracked: 2007-08-20 20:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。