2007年01月27日

次は12b!のはずなのに・・・

同行: K師

天気が定まらないので、遠出は止めて今日は黒山聖人岩。

syouninniwa.jpg
↑意外と天気が良く、南向きの岩場は暖かかった。

先週何とか12aをRPできたので、「ピクルス 12b」をトライすることに。

pikurusu.jpg
↑「ピクルス 12b」ボルト4本で短いが、相当ボルダーちっく。

先ずヌン掛けでムーブを探ろう・・・・と思ったが、全く出来ない。A0で何とか抜ける。 (以下、雑念厭う方は読まずに)

1便:左のピラミッド状岩の頂点から3本目をクリップ、ここからボルダー本番。(この左の岩とその周辺のアンダーガバを使わないと13aとの噂)ピラミッドの頂点にヒールフック、体を倒して目の前の2つのドアノブ状ホールドを経て左手で懸かりのいいカチ。右足をピラミッド状との隙間にヒール&トゥ。左手のカチで耐えつつ倒した体を思いっきり伸ばし、右手で横引きのカチ・・・取れない!!何度かトライするが、全く手に負えず。敗退。
2便:右の横引きのカチは何とか取れた。しかし、右足を抜くと耐え切れず落ちてしまう。5、6回やったがダメ。取り敢えずその上のセクションに移る。右手の横引きホールドで体を右に振り、左手で指三本くらいの小穴ガバ。今度は体を左に振って、右手を指2本くらいのポケットにデッド。右足キョンで左の小コルネをパッと掴んで4本目クリップ・・・とのことだが、とてもクリップできない。ここも飛ばして右方のガバ、後は終了点まで大きなホールドを選んで行ける。
3便:まったく繋がらない内に指が終わってしまった。寂しく回収便。

これは所謂「みじかしい」系の典型的なルートだなァ・・・仮にランディングが良くてボルダーでやったら2級・・・いやいや、1級くらいかな?自力で繋げられず人工で抜けるのがやっとだった。ショック!!!でも正直これが今の実力ってところかな?

K師も果敢に「パルチザン 12d」に挑むも調子悪そう・・どうも指が少々故障しかかってるのでは・・・?

何とも低調な1日、心なしか愛車松っちゃん号のブレーキも利きの悪さを増していた。そろそろ交換しなきゃ・・・

posted by 松ポコタ at 00:00| ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 聖人岩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>K師
ありがとうございました。
Posted by 松 at 2007年02月08日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

聖人岩、不調以上、故障未満
Excerpt: 小春日和。松ちゃんと。日曜日の予定を前倒ししたため、木曜日のジムの疲れが残っている。 パルチザン(12d)に歯が立たず。保持力なし。指が痛い。腱鞘炎である。早々にヌンチャク回収。ウェーブ(12a)を1..
Weblog: 無名クライマーの記録
Tracked: 2007-02-07 23:18

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。