2007年04月30日

病み上がりの「ウォー 12a」

同行: K師

一昨日、風邪で熱を出し寝込んでしまった。
しかも車が故障していて、電車&バスでのアプローチ。
体調に不安を抱えつつ、満員のバスに揺られて白妙橋バス停着。

アップの10bで体調を測る。何とか思い通り動きそうだ。
正面壁は一昨日の雨で少々染み出しているが、今日の好天で大分乾いてきた。シーズン終了までに何とかRPしたい!!と「ウォー 12a」に取り付く。

最初の関門、出だしのつまみホールド→小ピンチは辛くも成功、ここから最上部まではムーブが完全に最適化できている。最後、右手で悪いカンテを鷲づかみして、左手で縦ホールドを2回飛ばす。直前までは余裕があるのに、毎回ここで急速に力尽きる。だが今回は「右カンテが悪いのは分かりきった事、今更ガタガタぬかすな!」と我が手を叱り付け、落ち着いて最後のホールドまでたどり着くことができた。ようやくRP。染み出しでろくにムーブが出来なかった時を除けばTotal12〜3便かな?結構かかってしまった。

この後、「ウッシー 12a/b」を少しトライ。下部のヒールフックで遠いガバを掴むムーブにてこずる。ようやく形にはなったが、だんだん風邪の症状がぶり返してきた。力んでムーブをおこすうち、頭痛と寒気と咳がひどくなってきた。最後はK師のビレイを他の方に頼み、ノックダウン。でも、今日は初便で目的のルートが落とせたので良かった〜。
今日も10人程のクライマーで程よく賑わい、楽しかった。

ところで気がかりな噂を耳にした。白妙の登攀禁止問題が浮上とのこと( JFAの07/04/27付のNEWS)。周辺のゴミはクライマーのものばかりとは思えないが、それ以外の指摘には即対策すべきではないかと思う。私は新参者の上、火にあたったり残置ヌンチャクの恩恵に与ってきた。偉そうな発言や行動は全く忸怩たるところだが、この素晴らしい岩場の今後のために出来ることはないのかと、傍観者の自分が情けない。
過去の広沢寺の岩場問題と言い、御前岩の登攀禁止の経緯と言い、クライミングに対する一般への理解を求める諸先達の苦心の話を聞くにつけ、その遺産を只で享受しクライミングを楽しんでいることに最近ふと後ろめたさを感じてしまう。
posted by 松ポコタ at 23:03| 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | 白妙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

数年ぶりの太刀岡

同行: K師

太刀岡の急登は朝の呆けた体にはキツイ。前に来たときは夏で、汗でドロドロになったが、今はまだ涼しいので助かる。20分程で小山ロックの基部へ。一番乗りだ。しかし、2本アップしている内に続々とクライマーが20人程に増え、足の踏み場も無い。

どこをやろうか色々迷っていたが、見栄え、内容ともに評判の「おさわがせしました 11d/12a」に決めた。
osawagase.jpg.JPG
↑ネーミングはイマイチだが、K師によると色々含蓄があるそうだ。開拓時の「岩と雪」なんか読めば面白いかも。

まずはヌン掛け。取り付きがいきなり核心。1本目は脇の木からプリクリが出来る。これはRPトライでもプリクリOKかな?2、3本目は大きなアンダーをレイバック等を駆使して少々疲れるが難しくない。4、5本目が第二核心。ヌンチャク掴んで飛ばす。6本目から終了点も、最後に浅いスプーンカットのホールドが出てきて、よれてると落ちそうで怖い。
osawagasekabu.jpg.JPG
↑取り付きの核心
2便目:ムーブ解析。取り付きでてこずるかな?と思ったが、一発でクリア。目の前のピンチが左手四本指でよくかかる。体を右に倒し、右カンテ奥の凹凸を探る。安定したら、真上のピンチに左手を飛ばす。かかりが良いので思い切り体をあげて、小クラックに右手指を捻じ込み微妙に体勢を整え、上のアンダーを左手逆手でぱっと押さえる。後は大きなアンダーを繋ぎ、4、5本目の第二核心へ。こちらは苦手のフェース系で、結構てこずった。4本目のクリップホールドは左手の横引きガバ。次に右手で開拓時より少し大きくなったというポケットを取って、効かせようとすると自然と体が左に倒れてくる。左に猫の舌のような薄いアンダーがあるので左手指先をひっかけ、右足を右に伸ばして安定させて岩にぺったりへばりつく。へばりついているので次のホールドは見えない。右手を伸ばし探ると指3本しっかりかかる縦ポケットがある。それを取れば左手がガバに届き、体を大きく引き上げられ、5本目をクリップ。この後も少々細かいホールドが続くが、余力があれば難しくはなさそう。

ここで時間があるので北面の「パンクスインザダーク 11c/d」も数年ぶりにトライしてみた。下部のスラブも上部の薄かぶりのフェースも適度にホールドがあり、難しく感じる所は無い。しかし長くて3/2ほどで力尽きてしまった。一度登ってホールド覚えてしまえば次回RP可能かな?

さて、「おさわがせしました 11d/12a」3便めはお決まりのヒイヒイ回収便。やっぱりいつもムーブ解析で力尽きちゃうなぁ。でも評判に違わず相当面白いルート。しかし、あちこちの岩場に食べかけのルートを残しているのが気になる。どれも非常に美味なのだが、いつも食べきるまえにお腹いっぱいになってしまう。文字通りハングリーさが足りないのだろうか。

karisuma.jpg.JPG
↑「カリスマ 13a」のK師
初便、すばらしいパフォーマンスを見せ周囲の人を唸らせていたが、その後、急速にガス欠。お疲れ様でした。


<少々気になったこと・・・>
ネットで太刀岡のことを調べてたら、ある登山者のサイトに祠が祀られている小山ロックのクライミングに対する批判的な記述があった。
一般の登山者が知っているはずもなく仕方ないのだが、この岩の神様はすでに他に移されており、「からっぽ」なのである。またこの岩場の開拓者の方達は、長年にわたり地主さんや地元の方との良好な関係を築き上げてこられたそうだ。
確かに自然の岩に人工物のボルトを打ち込み、チョークで汚す事に眉をひそめる方も多いことだろう。しかし少なくとも、上記の理由から開拓者はこのサイトの記述のような「無神経」な「冒涜」行為者ではない。
「太刀岡山」で検索するとこのサイトがかなり上位でHITする為、これを見て誤解する一般登山者に白眼視されないかと、小心者の私は心配である。
クライミングはまだまだ認知度の低いスポーツである。誤解や偏見を広めないためにも、自分に出来る小さな事として一般登山者への挨拶や地元への気遣いを忘れないようにしたいと思う。
posted by 松ポコタ at 00:00| ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 太刀岡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

今日は(も?)調子悪かった。

同行: K師

週の前半天気が悪かったので状態を心配していたが、白妙はまだ染み出していなかった。今日こそ「ウォー 12a」を片付けたい。先週、終了点まで辿り着いていながら2度ともフォールしてしまった。

まずはじっくりアップをと、いつもの10aを登るが妙に体の動きが悪い。ギクシャクとした感じをどうすることもできない。しまった、昨日の御岳の疲れが残ってしまったようだ。

不安なまま「ウォー」に取り付くと、いきなり最初のつまみホールドで落ちた。先週あんなにうまくいったのが嘘のように、何度試してもムーブができない。昨日のボルダーで保持力を失ってしまったようだ。もちろん、最上部の少々パワーを使うムーブも思うようにできなかった。仕方がないのでもっと楽なムーブは無いかと色々探ってみたが、やはり先週やったムーブが自分には一番フィットするようだ。3便だしてあきらめ、「ウッシー」を冷やかしてお茶を濁す。

今日は(も?)残念!最近天気も不安定で、白妙の染み出しは時間の問題。コンディショニングに留意して、今後の少ないチャンスを活かさねば。白妙常連のA井さんの軽快な登りをK師が動画撮影してくれたのでイメトレに励むとしよう。

IMGP0535.JPG
↑「ジャングルジム 12d」のランジを止めるK師。何だかんだで1テンまで持ち込んでらっしゃった。

今日の白妙は8人。日曜にしては混んでなかったようだ。白妙の岩場は何故かクライマー同士が自然と話しかけ合い易い。非常にアットホームな雰囲気で、楽しい一日が過ごせたのがせめてものなぐさめであった。
posted by 松ポコタ at 00:00| ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | 白妙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

岳飛登高会、新人初御岳

同行: キムキム、黒ちゃん

中大の岳飛登高会に新人が入った。
黒ちゃんはぴかぴかの一年生。彼は未経験ながら体重が50kg半ばで手足も長いという恵まれた体型で、中大の人工壁でも最初からかなり良い動きをする期待のルーキー。
今日の御岳も「是非行きたい」と、モチベーションも高い。いいねぇ、おぢさんは嬉しいよ!

mami.jpg.JPG
6級あたりはもう結構できてしまう様子。
しかし、5、4級になるとさすがに手も足もでない。
「よっしゃよっしゃ、そんなに簡単に登られてたまるかい」と、ほくそえむ悪い先輩たち。

だんだん乗ってきた先輩組は、新人そっちのけで岩をハシゴ。黒ちゃん、最後はへろへろになってしまった。ごめんな〜。でも、「面白いっすね!」と気に入ってくれた様子。良かった、このままどっぷりハマって下さい。
posted by 松ポコタ at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ボルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

中大岳飛登高会 新入会員募集

中央大学へサークル新勧の陣中見舞い。

shinkan.jpg.JPG
↑新入生に素通りされる我らが岳飛登高会。

しかしまあ、今年は何とか3人ほど入会したそうだ。
いいクライマーが育ってくれることを願う。

posted by 松ポコタ at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 中大WALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。