2006年10月28日

黒山 聖人岩

同行 :K師

今日も懲りずにモンパニ目指して金比羅参り・・・
だったのだが、月、火の大雨で染み出しがひどい。

てなわけで、気分転換(こればっか?)に黒山に転進。
すこしモンパニから離れて、自然の岩場でトレーニングモードだ。

2ヶ月ほど前に来たときは結露で文字通り真っ黒だった聖人岩。今日は週明けの大雨にも関わらず、見た目には状態よさそう。

風の子カンテ 10a」 アップ カンテの右寄りにガバをひろって。
ダイエット・シェイク 10a]  アップ 全体にホールド遠目だが、かならずガバがあるよ。
ten.jpg
↑「貂が見ていた 11b」 1テン (ヌンチャクかかってる「パルチザン 12d」の左)
何度も登ってるのに、テンションかけてしまった。ホールドはほぼ正面から見える通り。ただ一箇所、5本目辺りでカンテの左、手のひら二つ分くらい奥にガバがあり、そこが探れなかった。傾斜があるのでもたもたしてると駄目だ。
 
今日の目標は「越生ライン 11c」

1便 ヌンチャク掛け&K師からムーブの徹底レクチャー
2便 下部のカチ→縦ホールド→遠いバンドへのデッドがなかなか出来ない。ただ、今日は相当ヌメるのも確か。その後は上部のムーブ固め。
3便 下部、さらにヌメる。上部のムーブは状態良くなればいけそう。

「越生ライン」はまさにムーブで解決する11cだと思う。ムーブをこなすのがとても面白い。これをサクサクっと見つけて2撃していたK師はすごいっす。

そのK師、「パルチザン 12d」をトライ。 
曰く、「う〜ん、すごい、」「いや〜、これはすごいっすねぇ・・・」

すごいんでしょうねぇ・・・・
posted by 松ポコタ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 聖人岩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

しつこく金比羅

同行: 上ちゃん

今日も今日とて金比羅参り。

昨日の疲れはまだ抜けないが、それでもチャンスは増やすべく、金比羅へ。
しかしモンパニの下部セクション終えた辺りですでに腕が黄信号・・・
中間の核心でやっぱりテンション。モンパニは今日は止ーめた。

今日のメニュー

NEW 9」 全身のアップ
ガバのふく子 10a」 指先のアップ
モンスターパニック 12b」 1テン
キリンさんが好き 10b」 指先クールダウン
NEW 9」 全身クールダウン

上ちゃんも相当意気込んでモンパニにトライ。
下部セクションは問題なくこなすも、その先は持久力続かず各駅。
いろいろムーブをイメージしてきた様子だが、12bの壁は厚いなぁ。
posted by 松ポコタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金比羅岩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

またまた金比羅

同行: K師

NEW 9」 アップ
ガバのふく子 10a」MS/OS
モンスターパニック 12b」
1便 2テン
2便 1テン
3便 撃沈

今日こそRPと意気込んでたのになぁ〜〜〜・・・

NEC_0012.JPG
だめだこりゃ
posted by 松ポコタ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 金比羅岩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

中大WALL

今日はジム代わりに中大の人工壁へ寄る。

小規模ながらも3面の個性ある壁。部外の方々の協力も得ながら、岳飛登高会のみんなで苦労して作り上げた。私はそれぞれ YUJI WALL、DAI WALL、TOKIO WALL と呼称したいが、市民権を得ず。

yujiwall.jpg
↑長さ3.6m、幅2.7m、傾斜110→100°

daiwall.jpg 
↑長さ3.0m、幅1.8m、傾斜130°

tokiowall.jpg
↑長さ2.7m、幅1.8m、傾斜100°

主将のキムキムとそろそろ帰り支度していた時、突然入会希望者が来訪。
いままでこんな完璧なレゲエ☆マンを見たことがない。
聞けば、サーフィンやスケボーもやっているという。なるほど、よく絞られた体つき。すこし登ってもらったが、かなりセンスがいい。これから楽しんでやっていって欲しいな。



posted by 松ポコタ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 中大WALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

金比羅ちょい参り

今日はお休みで上ちゃんがモンパニ触りたいとのことで、金比羅参り。

1017.jpg
↑こんなに気持ちよい金比羅ははじめて。

new.jpg
↑「NEW 9」でUPの上ちゃん

uemon.jpg
↑「モンスターパニック 12b」Mogakiホールド辺り

やっぱり最初ということで苦労してた上ちゃんだが、それぞれのムーブは手ごたえありの様子。是非これからプッシュしたいとのこと。ほんと、いい12bだよね。羨ましかったのは、上ちゃんが下部の大穴で軽々NHレストしてたこと。私じゃサイズ合わなくて無理あるんだよな。最後のボルトから終了点までは相当苦労してた。よれた腕であそこ突っ込むのは怖いよね〜。かなり疲れててもこなせるように最後のムーブは完璧に固めとくのがここをRPする肝になるでしょう。

今日は私はヌンチャク掛け+1便(おまけの2テン?)だけ。
Mogakiから上のムーブおもいきって変えることにする。
それでもまだ力使いすぎ。困った。


posted by 松ポコタ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 金比羅岩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

金比羅岩

同行: K師
しばらく天気よかったし、金比羅の状態もいいでしょう。
今日はモンパニ1テンに持ち込みたいな・・・

いつも拝島から飯能経由で1時間半くらいかかるので、今日は圏央道青梅ICから嵐山小川ICを使ってみた。お〜快調!と思ったが、時計を見ると、んんっ!?時間は変わんないじゃん。下道でも距離が短い分、早いみたい。

金比羅についてみると、うわ、車がいっぱいだ。これからシーズン到来だもんな。さて、岩の状態は・・・う〜ん、モンパニの下部はまだすこし染み出してる。でも、この数週間で格段によくなってきた。

いつもアップする「NEW .9」が渋滞してるので、ボーイズロックへ。
boyzrock1.jpg
↑「春眠 10a」 苔々。登ってる最中でっかい岩が欠けた。

DVC00012.JPG
↑ボーイズロックは初級者向けのルートがあるんで、新人連れてきたいけど、苔々の泥々でもろい。もう少し乾燥してきたら良くなるかも。

pyonpyon
↑「ぴょんぴょん 10c」MS/OS
アップし足りないなーと、とりついてアップアップ。
ボルトばかり目で追ってると行き詰まるので、右方によくホールドを探して。有笠の11aより難しいよ〜。

さて、今日で4日目になる「モンスターパニック 12b」のトライ。すでにヌンチャクかかってるので、RPの心構えで。
monpani.jpg
1便: 下部セクションは、今まで染み出しで繋げたことなかったのだが、何とかクリア。5本目のクリップで汁手の私はにゅるっとテンション。結局そこから各駅。
2便: よれよれ。3テン。Mogakiホールドからのムーブが今までのようにこなせない。
3便: もう一度ムーブ固めようと、Mogakiホールド辺りで四苦八苦。敗退。

今まで下部、中部、上部と3セクションに分けてムーブ解決してきたのだが、繋げようとすると、それぞれ相当に力を使う無理なムーブであることが分かった。今までが無駄とは言わないが、一度仕切りなおさないといけない。またRPが遠のいた感じで、しばし呆然・・・

そんな私とは裏腹に、今日の金比羅はK師曰く「13祭り」の様相を呈していた。
13cのRPが立て続けに2人、13aのFL?が一人。13cのRPなんて、初めて生でみた。K師もムーブは概ね固まってる様子で、歯車がかみ合えば次回「デジタルモザイク 13a」RPも射程内?。
dejimoza.jpg
↑今日は祭りに参加できず、回収中のK師

帰りの車中、いろいろ考えてしまった。一つ一つのムーブができたできたと喜んでいた甘さ。ようやくクライミングの「総合力」というもののほんの一端を垣間見れた思い。やっぱ今までルートさぼってたからなぁ〜・・・
posted by 松ポコタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 金比羅岩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

有笠 2日目

「ふれあいの森」キャンプ場は岩場から少し走るけど、高台にあり開放感あふれ快適でした。
DVC00002i.JPG
↑あえてハンモックを吊る上ちゃん。低すぎ。

今日も軽く流すつもりでリラックスして取り付こうか。南国エリアは昨日よりも賑わっていた。

「旅館有笠 10a」でアップ後、「とうりゃんせ 10c」へ。
すでにかかっていたヌンチャクお借りしたのだが、出だしすぐのクラックにキャメロットをセットしてくれてて大助かり。ボルトの2本目が遠いうえ、そこが核心部といっても良いので、手繰り落ちの危険が大!キャメロット#1があると安心。ただし、上のボルトクリップしたらキャメからロープはずさないと流れが悪くなりますよ。

予選おち 11a/b」をFL
う〜ん、ムーブらしいものってなかったし、コメントないな・・・

K師は今回は12台には手を出さないと言ってたのに、やっぱり「出前一丁 12a」に突っ込んでます。しかし、相当厳しい様子。K師をもってしてもハング上のムーブが解決すら出来ないなんて・・・素直な12aじゃない。(→無名クライマーの記録) 

と、ここで周囲がざわざわ・・他のエリアで事故があった様子。
そんな中でも集中力を切らさず、上ちゃんが「いろはにほへと 11c/d」を見事RP。おめでと〜・・・色んな意味でかなわなくなってきたなあ・・

その後やはり事故の救難に人手が要るようで、微力ながらお手伝い。負傷者はヘリで搬送されて行きました。あんな岩場の近くまでヘリでピックアップできるなんて。レスキュー隊、すごいです。岩場は不慣れだったけど。

そんなこんなですっかり気力が萎えてしまったのだが、K師は、「えっ、「いろはに」やんないの???」と信じられないものを見るような目で私を凝視するのであった。

くぅ〜〜わかりました!やらいでか!!

1便目はボルト3本目辺りまでで核心を探ったのみ。
2便目・・・ハングドックしつつも無理やり核心を越え、何とか終了点へ。結局4テンくらいだったが、今まで11後半を2便で核心越えてトップアウトしたことなどなかったので、これはこれで嬉しいこと。やっぱやっといて良かったです。
DVC00004i.JPG 
↑「いろはにほへと 11c/d」RP中のK師
核心部はこのハング下を左に抜ける辺り。ボルダーで4級くらい。核心に至るまでは穴ガバがつづくが、省エネでスムーズに来ないと後がきつい。核心のあとはレストできるし難しいところはない。でもよれよれで時間切れ。

爽やかな秋の夕暮れ。 
いつも奥多摩や秩父の針葉樹の植林ばかり見ていたので、少し色づいた照葉樹林は心地よかった。来週からまた金比羅岩での戦いが始まる・・・
posted by 松ポコタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 有笠山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

有笠山

 参加: K師、上ちゃん

ちょっと覚悟してたものの、3連休で大渋滞!所沢から前橋まで2時間以上かかってしまった。まあ、金比羅で煮詰まった観があって気分転換に今回の有笠行きだってので、午後から取り付いてのんびりやりますか・・・
DVC00021.JPG
心地よい緑のなか、アプローチ。東の石門過ぎた辺りに未発表らしいエリアがありますね。
さらに登って20分ほどで南国エリアへ。おぉ、誰もいない!一部のルートで染み出しもあるけど、充分楽しめる。
DVC00020.JPG
↑まずは「旅館有笠 10a」でアップ。3年前来た時はこの右手のガバ取り損ねて2テンしとったな〜。
DVC00009.JPG
↑「白と黒 11b」OS中の上ちゃん
DVC00013.JPG
↑「白と黒 11b」 3年越しのRP。
前回はMS・OSできそうで、終了点のクリップに失敗した。今回は余裕をもってRP。 
最初のハング下はとにかく思い切って右に手を出してゆく。そこを抜ければNHでいくらでもレストできるので、上のハング帯も落ち着いてこなす。終了点は△に突き出た岩の上に浅い穴ホールド(下から見えない)があって、下からクリップすればOK。前回はそこを探る余裕無く、無理に這い上がろうとして失敗した。でも、これ11b!?グレードは甘めかも・・・
DVC00006.JPG
↑「足を開いていけいけ 10d」 ここ、大好き!
前半は足を開いてガバでぐいぐい。おお〜これが何十mもあればヨセミテっぽいのかな〜???(知らんけど)。中盤迷うけど、凹角が尽きたら左寄りにぬける。終了点までちょっと微妙なとこもあってドキドキ。

スタート遅いこともあって、今日はこんなところ。
上ちゃんは「いろはにほへと 11c/d」に打ち込み明日RP体勢。

DVC00003.JPG
そして沢渡(さわたり)温泉で疲れを癒す。どうしても「さわんど」って読んじゃう・・・大人300円。温泉入口から急坂上って左手。小さいので見落とし注意。駐車場狭し。結構みんな路駐でヘーキ。

中之条で夕食。7時過ぎると閉まる店多し。中華料理店で肉丼。野菜全くねーじゃん。有笠の麓のアウトドアパークは普通車4000円に大人500円入場料とるんで止め。「ふれあいの森」キャンプ場泊。秋の夜長。ビール。うれしい。Zzzz
posted by 松ポコタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 有笠山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

川井ボルダー

参加:キムキム、上ちゃん、さおりさん 
雨の降り出す前にと、いそいそと川井キャンプ場へ。
受付で、「おととい雨降りましたから入場料は岩の状態見てからどうぞ」とのお心遣い。ちょっと湿り気がありますが、充分楽しめそう。ところが、一部の課題の下に大量のキジ紙が!!!
バンガローに学生らしい団体が泊まってたので、奴らか・・・!
管理事務所に言って片付けてもらったけど、すこぶる不愉快。
そんな所にマット敷く気にはならず、さおりさんが期待してた課題はできなかった。なにか対策して欲しい。
DVC00004.JPG

まあ、気をとり直してベッケンバウアー(一級)をみんなでトライ。
う〜ん、右手のカチはかかるけど、左の縦のキーホールドには遠い・・あと5cm・・3cm・・DVC00005.JPG
と、他のパーティーのお兄さんが、そのカチの少し上のあまいホールドで、安定して縦ホールドをとりに行ってる!リーチで取りに行くでもなく、きれいな形だ。右手の人差し指と中指をしっかり立てれば効くそうです。(このあとお兄さんは見事RP!後半のダイナッミクムーブがかっこいい
DVC00001.JPG
今日はベッケンバウアー歯が立たなそうなので、隣の無名の一級へ。
アンダーがよくかかるし、とにかく思い切って足をあげて、引きつけて・・うりゃっっ!あれっ!とまった!?今の自分のレベルで3便位で一級落とせるとは思えない・・・ちょっと甘めかな?
DVC00002.JPG

とうとう降り出したので、昼頃撤収。でも、なかなか粒揃いで楽しめた。

このあと、中央大学の室内ウォールでさらにExhaust。お疲れ〜。

※記事は私の感想、実録。参考写真のクライマーは上ちゃん。   
posted by 松ポコタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。