2013年11月01日

生きてます


おひさしぶりです。

ブログ更新の停止後、心配して下さった方々から生存確認を頂いたりして誠に恐縮です。
生きてます。

2008年11月に「カリスマ 13a」をRPの後、ルートは一区切りついたので次はボルダーで成果を出そう!と考え、御岳でそこそこ頑張りました。

御岳の初段を7割方落とし、「遼」と「忍クラ」で2段の称号を得て、よし次は3段と「虫」に手を出したのが運の尽き。2009年初夏〜2010年晩春まで費やして寄せさえ止まらず、絶望に打ちひしがれていつしかクライミングから足が遠のいてしまいました。今思えば、ボルダリングの攻め方を誤り、正しいトレーニングも積まずにやみくもに打っていただけなので当然の結果でしょう…。

その後、沢やら簡単なショートやマルチをお触りする程度で2年程ブランクが経過。

しかし2012年3月、お気楽クライミングと決め込んだつもりの天王岩で「ステルス 12b」を触ったところ、指先に食い込むカチの痛みに熱い思いがよみがえり、焼けぼっくいに火がついてしまいました。老いらくの恋は始末が悪いと申します。それ以降、毎週末の岩場通いが始まります。

幸いモチベーションの高いパートナーに恵まれた上、ボルダリングに全力を傾ける質の高い学生の出現に刺激され、さらに実弟までもがクライミングに熱中してサークルを立ち上げるなど、気づけばすっかりクライミングどっぷりの環境が整っていました。

現在、秋冬春は奥多摩でフェース、夏は小川山でスラブを中心に登っています。
フェースは再び13台を目指して頑張ってはいますが、この春にようやく白妙の「ブラックマーケット 12a」を落とした程度ののんびりペース。以前は夏も小川山でフェースをやっていましたが、去年「立ちこんだ時の空に浮かぶような感覚」でスラブの面白さに目覚めてしまい、以来スラブの12台も目標の一つとなりました。今年はクラックにも手を出し、今のところ成果は「小川山レイバック 5.9」だけですが、ナチュプロで登ることの"美しさ"にときめいてしまった…!やりたい事がいっぱいで困る…

あと、もう一つの楽しみが「クラシックの名作」を登ることですね。小川山の「ラベンダー」「ジェットストリーム」「ポケットマントル」「セレクション」…グレードを追うのとはまた違った奥深さが感じられ、改めてクライミングの素晴らしさに胸が躍りました。

いま、魅せられるのは「爆笑系」ルート。登る時に楽しすぎて思わず笑っちゃうような、そんなルートとの出会いを求めてます。

今年も奥多摩シーズンが到来しましたが、5.11台後半をたくさん登り込んでクライミングの地力を鍛えて行きたいと思っております。じっくり登りたいので、ずうっと不人気エリアばかり行ってますけど。

以前岩場でお付き合い頂いた方々、もしどこかでお会いすることがありましたら、「よお、生きてたんだ!」なんてお声かけ下さい。

これからボチボチとブログ更新して行きたいと思います。

では皆さん、ご安全に!
posted by 松ポコタ at 19:28| 神奈川 | Comment(4) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

「伊豆の踊り子 12a」・・踊るどころか・・

同行: K師

梅は三分咲きの幕山公園。「これで入園料取るの〜?」などとぼやく観光客もいる中、梅も見ないのに毎週200円払って通ってくるクライマーは上得意であろう。

さて、先週「スーパータクティクス 12b」をめでたくRPしたので「スードラ 13a」参戦も考えたが、順序からして「伊豆の踊り子 12a」を落としておきたい。色々話を聞くと面白そうだ。

odoriko_sum.JPG
↑「伊豆の踊り子 12a」ボルト3本の細かいカチのスラブ。

まだ腰が痛いので、時間をかけてアップして、ヌン掛け&探り便を出す。しかし、核心部は全く動けず、A0でなんとか抜ける。K師も云っていたが、以前に比べて、核心のカチがことごとく磨耗して丸くなっているようだ。特に2P目のクリップが怖い。

次便。大きな横ピンチを左で取った姿勢から、右手でその真上の甘いカチを微妙ながらも保持しつつ、左足を外傾したフットにググッと乗り込んで左上のカチに左手を伸ばす。このカチも磨耗した感じで心もとないが、左足の立ち込みを信じて2P目を何とかクリップできた。しかし、そこから動けない。両手甘いカチで耐え、右足をさっきの横ピンチ上にハイステップして乗り込むのだが、非常に狭苦しい体勢になってしまう。散々じたばたして、降りる。

3便目。2P目クリップ後、両手甘カチ&右足ハイステップで、少しずつだが体がずり上がるようになってきた。その状態で左足でつんつんと壁を蹴っていたら、ふと足がフットホールドを捕えた。それを頼りに右手を思い切り伸ばしたら、核心を越えるポケットに指が届いた!が、伸び切った足が外れてしまう。でも少し望みが出たきたかな?

4便目。箱根の山から風花が舞い、非常に寒くなっしまった。3便目でのいい感じを復習したかったが、岩は冷たい上に指も終わっていた。核心ムーブが全く出来なくなっていたので、3P目から上のムーブ固めをするが、終了点までも意外と悪く、慎重な足運びを要する。

へなさんに聞くと、初登者のムーブを教えてくれた。名づけて「徳利ムーブ」。へなさんのHPで読んではいたが、「何じゃそりゃ?」と思っていた。聞くと、なるほど使えそうだ。
次週、その秘密を解き明かし、見事RPなるか!?

K師は「スードラ 13a」の核心のカチを止め、ギャラリーを大いに沸かせていたが、その直後のムーブの固めが不十分だったか、惜しくもテンションしてしまった。しかし、一番のキモの部分が出来た訳で、来週否が応にも期待が高まる。
posted by 松ポコタ at 23:13| ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 湯河原幕岩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

乾坤一擲 「スーパータクティクス 12b」

同行; K師

この土日、38度近い熱が出た。二日合わせて35時間の睡眠のおかげで熱は下がったが、今度は腰痛がひどくなり朝方は真っ直ぐ立って歩けなかった。今まで外回りの仕事しかしたことが無かったが、デスクワークになった途端にこの有様。K師の呪い・・基い、予言の言葉通りになって来た。まだまだ序の口なんだそうだが、乾燥した密閉空間に座り、長時間モニタを見つめ続ける仕事のストレスは生命力を吸われるものだ・・・

ともあれ、今日も幕岩へやって来た。梅の開花は今一つに思えるのだが、「梅の宴」入園料の200円はこの土曜から徴収が始まっていた。アップ後、絶望的な気分で「スーパータクティクス 12b」にヌンチャクをかける。このルート、名前と違って戦略なんて立てようがない。短いボルダームーブが出来るか否かだ。

20080211.jpg
↑「スーパータクティクス 12b」遠景。青い服のクライマーが奮闘中。それにしても、今日は暖かかった。

1、2便目ともに大して変わらない位置でフォール。右手横ピンチでの不安定な3P目クリップは確実にできるようになった。その後、外傾した微妙なフットで我慢しつつ右カンテを数手捉えていくのだが、保持が甘くて足がスリップしてしまう。ボルダーで3級位だろうが、繋げると出来ないいつものパターン。

3便目。3P目クリップしてからはもう無我夢中。今やムーブも思い出せない。ところが、最後のカンテの捉えが甘くてこれは駄目だと思った刹那、先日のへなさんのRPムーブが閃いた。駄目元でカンテの右手に左手を副えたら・・・あら!?できた!!!それでも余裕はなく、ヒイヒイ言って終了点まで這いずり上がり、RP。
散々「体のサイズが違うからあまり参考にならないなあ」なんて言っておいて、ちゃっかりムーブを使わせて貰っちゃったな。

12bとしてはお買い得との話である。しかし、これが限界グレードの人なら得手不得手によっては、一連のボルダーがなかなか出来ずにハマってしまう可能性は高いと思う。自分も、終了点に這い上がった際、ほっとしてヘナヘナと尻餅を着いてしまった。体調の事もあろうが、こんなにギリギリのRPは最近では覚えがない。疲弊した体で必死に登り切った精神の働きは勉強になった。

K師は「スードラ 13a」の核心部、長期戦の構えか?来週、自分も参戦しようか、それとも面白いと評判の「伊豆の踊り子 12a」にしようか。
posted by 松ポコタ at 21:27| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 湯河原幕岩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

「Elvis Legs」

「足が激しくエルビス」・・・
最近、自分のブログでちょくちょく使っているのだが、あるクライミングのコミュで知って以来とても気に入っている言葉だ。
知っている人は知っているだろうが、所謂「ミシンを踏む」状態をアメリカなどではこのように表現するそうだ。

Elvis.jpg
・Elvis leg (see also sewing machine leg) — to have a leg begin shaking sort of like Elvis Presley on stage, usually a sign of fatigue or fear.
(The Boulder Project より)

「ミシンを踏む」も視覚的に良く表現した言葉だが、こちらのほうがよりユーモアを感じる。
あの余裕が無くてプルプルしている情けない光景も、「いやあ、超エルビスだったよ〜」なんて言うと、何だかかっこ良く表現できてしまう優れもの。
聞いたほうも、「エルビス?・・・ああ、なるほど!!」と感心してしまい、先ほどまでの私のかっこ悪い姿をかのスーパースターと重ね合わせてしまうという、魔法の言葉でもある。

ジャンルは違えど、「ガストン」や「ガメラステップ」のように人の名を冠したクライミング用語としては秀逸に思う。このフレーズが日本国内でますます普及するよう、地道に使い続けて行きたいと思う。

私としては「エルビス」の最上級として、全身がプルプル震えだす「バンビ」もお勧めかと。
「生まれたての小鹿」・・・その可憐な姿に感動のガンバコールが浴びせられること請け合いである。
posted by 松ポコタ at 00:03| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

「スーパータクティクス 12b」 不調な一日

同行: K師

先週、幕岩の正面壁で崩壊があった。一時は登攀禁止かと推移を見守りつつ逡巡していたのだが、JFAによると登攀禁止はてんとうむしロックから正面壁にかけてとのこと。現地でも注意を呼びかけるチラシを配っていらした地元クライマーの方々。ご奔走に感謝いたします。
幕山公園に着くとちらほらと梅が咲いており、来週(2/9)から「梅の宴」入園料200円を徴収する予定だそうだ。茅ヶ崎ロック周辺では、正面壁から流れてきたらしい初心者講習の面々が、トップロープを張る場所を確保すべく走り回っていたが、スポーツルートは全体的に空いていた。

ところで今日は朝から腹痛がひどい。2,3日前からの風邪っぴきが原因だろうが、お腹がゆるい訳ではないのでトイレにいっても直らない。アップにと「スーパータクティクス 12b」にヌン掛けに出るが、3P目からはムーブもできずに右のスラブに逃げて終了点を作る始末。歩くのもつらくなってきたので、何度かK師をビレイする以外は午後2時過ぎまで寝た。薄い陽がさすふかふかの枯葉の上は暖かく、意外とよく眠れた。

しかし、その後取りついた1便目は散々であった。手足の動きがバラバラ。テン山で敗退。指先のセンサーが死んでしまって、脳に情報が入らずムーブを構成できない感じだ。2便目で何とか1テンで抜けられたが、あまり深追いするとバッドイメージを植え付けてしまいそうなので、悔しいがヌンチャク回収。

ST.jpg
↑ほんのボルト3本の頂が遠い・・・本日RPと洒落込むどころか、洒落にならない1日だった。

K師は今日も「スードラON攀 13a」。先週の時点では動ける気がしないと言っていた核心部もじわじわ繋がり始めていた。二人ともにまだまだ楽しめそうなので、来週も幕岩行きに決めた。

posted by 松ポコタ at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 湯河原幕岩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

湯河原幕岩 「スーパータクティクス 12b」

同行: K師

今日も幕岩。今回は湯河原駅からバス。9:05発、240円。梅祭りがぼちぼち始まり、ハイキング客で車内は混んでいる。少々曇りがちだが、日が差すとなかなかの暖かさだ。
先週、「コンケスタドール 12a」をRPしたので、今日は順当に「スーパータクティクス 12b」を目指す。
しかし風邪気味の上に、昨夜仕事明けに飲みに行ったのが祟って、朝から体が重い。まあ、クライミングもお酒も好きなので、この二律背反は永遠の課題ですな。

とにかくルートを見上げる。ボルト3本で短いが、ボルダーチックであまり休めないようだ。
初便、ムーブを探る。下のワイドクラック立ち込んで2P目クリップするまでは右のカンテの奥を使っても良い様だ。そこからは、甘い右のカンテを叩くように捕らえつつ、左フェースのカチをじわじわと繋いで行く。足使いもかなり重要。悪いムーブというのはないが、ホールドを保持してからの粘りがいるように思う。
2、3便目、ほぼ同じところでフォール、1テン。3P目のクリップが安定せず、その不安定さを引きずって核心に入ってしまって、落ち着いてムーブができていない感じだ。
4便目。パンプもなく、疲れは感じていないのに、指が消耗しており保持できなくなっていた。カンテ右のスラブに逃げ、回収。

supetactics.jpg
↑気合一閃、「スーパータクティクス 12b」をRPなさるへなちょこミサイルさん(由来が気になるなあ・・・)「無名クライマーの記録」に動画アリ
今日一日でRPしてしまいたかったが、残念!次回、フレッシュな状態でトライして早々にRPと洒落込みたいところ。

幕岩は色々なタイプのクライマーが訪れるので、そのカオスな状態に少々辟易する場面もあったが、むしろのんびりと楽しむべきなのかな・・・。K師も「スードラON攀 13a」を一時敬遠してしまって「最高カンテ 11c」を触ったりしていたが、夕方にRPなさった白髪の御仁を見て気を取り直したようだ。しばらく幕岩行は続きそうである。
posted by 松ポコタ at 23:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 湯河原幕岩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

湯河原幕岩 「コンケスタドール 12a」”征服”

同行: K師

車が入院中なので、今日は電車でのアプローチの良い湯河原幕岩を数年ぶりに訪れた。湯河原駅から幕山公園までタクシーで1500円。

yugawaramakuiwa.jpg
↑予報に反して、日差しが強く暖かい日になった幕山を望む。

賑わいを見せる茅ヶ崎ロックエリアへ向かう。
この暖かさで汁手の私は不安だったが、案の定、アップのつもりの「シャックシャイン 10d」でハマッてしまい、テンション。でもこれ、11a位あってもいいんじゃないかな・・?
さて、赤本に“短いがストレニュアス”と形容矛盾のコメントがある「コットンクラブ 12a」に興味があったが、K師のお勧めで「コンケスタドール 12a」に決めた。

Conquistador.jpg
↑左のヌンチャク3Pのルートが「コンケスタドール 12a」(クリックで拡大)

1便目、先行のクライマーの登りが視界に入りつつも、ムーブは見ないようにして、OSトライと意気込んだ。が、核心に入る2P目からの右トラバースで試行錯誤するうちフォール。後はムーブ探りに専念。遠いカチを捕らえてグイグイ登る得意系だ。

2便目、先ほど確認したムーブで自信満々。これでRPのつもりだったが、最後に手順を誤り、左で持つカチを右手で取ってしまった。修正しようにもヌメってきてテンション。

3便目、ヌンチャクが回収されたのでマスターでトライ。1便目で解析したムーブで問題なかった。RP。3便。

全体に寝た壁のカチルート。右隣の11cと上部で若干被るが、特に限定は無い様子。カチは遠いが良く持てて、リーチのある人にはお買い得。K師もその昔、1年半のブランクの後に2撃したそうな。しかしリーチの無い人は、特に最後の数手のカチで中継や悪いクロスを強いられるようだ。印象としては、天王岩のカチルートを薄被りで無くして、ホールド遠くした感じかな・・
そうそう、終了点は結び替えなので環付きビナをお忘れなく。

K師はホールドが磨耗して12後半になったかという「伊豆の踊り子 12a」で悪戦苦闘した後、「スードラON攀 13a(12d?)」に転進。ちょうどRPした方の登りを見て、モチベーションに火がついたようだ。車が直らなければ、来週も幕岩の公算が大。


posted by 松ポコタ at 21:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 湯河原幕岩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

「トゥエルブモンキー 12b」 ご褒美はバナナ

同行: K師

先週とは打って変わって、今日は体の芯に応える寒さだ。しかし、ここ数日の雨模様で心配していた染み出しは一部を除いて見られない。

saru12.jpg
↑先週、ムーブはきっちり固めたはずの「トゥエルブモンキー 12b」を今日こそは。

先行パーティーにヌンチャクをお借りしての1便目。本来なら余裕のはずの2、3P目辺りでも、寒さで体が伸び伸びと動かない。右手ピンチで4P目をクリップするも、既にガチガチ。左手で悪いホールドを耐えつつ右手を小さい縦穴に飛ばすが、見当違いの所を叩いてフォール。1テン。

午後になり、ますます寒さを増してきてからの2便目。1便目で前腕を腫らしたのが良かったのか、ホールドの保持感が良い。さっき必死だった右手ピンチの所で、左手をピンチ奥の凸部に持ち替えつつレストする余裕があった。左手を小棚の悪いホールドで耐え、右足を高く上げて、小縦穴に右手を飛ばす・・・あっ!失敗!!・・・だが、すぐ下の丸ホールドに何とか引っかかり、再度飛ばして成功。足を開いて正対になり、心持ち左足に重心を寄せつつ左のガバを取る。よく掛かるこの左ガバを頼りに左足を小棚に乗せ、右足を深いスプーンカットにねじ込み浅くキョンを返して、右手が遠いガバに届いた。一旦呼吸を整えて、そこから残りの10aくらいを慎重に登り、終了点クリップ。RP。

去年からの持ち越しで、10便くらいかな?リーチのある人向きのムーブができたので、今シーズンは解決が早かった。正攻法でデッドの持ち飛ばしをやってたら、まだまだハマってたかも。

「トップオブザワールド 12d」に1テンでハマり気味のK師からは、賞賛のバナナを頂いた。あざーっっすっ!

jouyama080114.jpg
次はどうしよう・・・「モンキークライ 12c」か、「イエスタデイワンスモア 12b」か・・・

嬉しいはずの帰り道、愛車から異音がして、後輪が引きずられるような状態に!・・・どうやら重症のようだ。今日は何とか帰れたが、来週末はレンタカーかな?

禍福は糾える縄の如し・・・しかし、その縄の撚糸は9割が禍で1割が福って感じだねえ(T_T)


posted by 松ポコタ at 20:58| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 城山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

横浜市長津田 高尾山

同行: 愛犬ぽこ太

地図上、横浜町田ICの近くに「高尾山」というのがある。
家から近く、前から気になっていたので散歩がてら行ってみた。

大きな地図で見る

軽自動車1台ギリギリの坂道を登ると、広い畑地が広がっていた。その奥、小高い丘の上に小さな社がある。「飯縄神社」である。よく手入れされており、地元の信仰の厚さが窺える。
縁起を見ると、八王子の高尾山薬王院から飯縄権現が勧請されたそうで、江戸時代初期の検地帳にも「高尾原」の地名があるそうだ。

takaosan.jpg
標高100.5m、横浜市唯一の一等三角点があり、この手の愛好家がよく訪れるようだ。北側に東工大の校舎が聳え立ち低山としても魅力は無いが、南西向きに眺望が開けていて晴れた日には丹沢の峰々が大きく望めるであろう。


posted by 松ポコタ at 17:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 山行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

城山「トゥエルブモンキー 12b」

同行:K師

1/5(土曜日)

粘りに粘った太刀岡で寒さに屈服し、ようやく城山にやって来た。
今週末は温暖で風も無い。その割りに空いていた。
先シーズン最後に触ったトゥエルブモンキー 12b」から今年の城山を始めよう。

12m.jpg
↑「トゥエルブモンキー 12b」クライマーは見知らぬお方。この方のRPトライで色々ヒントを得た。

ヌン掛けし、その後3便だしてペタペタ触ってムーブを思い出す。肝は3っつ。
@中盤の右トラバース→体を返しながら右手で無理やり遠い縦穴を取りに行くが、無駄に力を使う。
A4本目のクリップ→傾斜を殺す為に体を倒してスローパーやピンチで耐えねばならず、4P目のクリップが余裕を持って出来ない。
B乗っ越し→右手の指2,3本が掛かる縦穴でカウンター気味に左手でガバを取り、右足を小棚に乗せ体を返し5P目クリップ。両手万力で体を上げ、右手カチ、ガバ、とデッドで持ち飛ばす。

改善
@2P目のボルト左上の縦ガバを右手→左足高めに上げる→左手クロスで真上の甘いガバ→右足送って体を返しつつ、右手を腰の辺りのアンダーで中継→足入れ替えて右足さらに送り、キョンで完全に体を返す→右手が縦穴に届くので、なるべく深く指を突っ込む。
Aここは耐えるしかないが、@で消耗を抑えた上で、足に神経を配る余裕があれば意外と安定する。足は高めを意識。
Bカウンターで飛びついたり、デッド連発したりと、ヨレていると確率が悪いので、全体に正対ムーブにした。特に最後のガバは左足で小棚に立ち、右足を右の深いスプーンカットにキョンでねじ込むと、持ち飛ばし無しで一気に届いた。5P目のクリップは最後のガバを取ってからの方が、少々怖いが力は消耗しない。

明日RPと心に決め、一泊。
K師は修善寺近くに宿をとったが、金無し芳一の私は車中泊。サンルーフ越しの冬の星空はどんなホテルの照明にも勝ろう・・寒・・。

今日の湯
修善寺独鈷の湯  無料
dokko.jpg
数年前の大水で建屋が流され、基本的に足湯になっている。
伝説を作ってやろうと虎視眈々と機会を窺うが、強そうなお兄さんやカップルが次々と訪れ挫折。その上、あてにしていた「へその湯」は既に廃墟に。仕方なくそこの駐車場で夜を明かした。カーラジオの中島みゆきを聞きながら・・・

1/6(日曜日)

今日も予想に反しずいぶん空いていたが、おまきさん、510さん、S川くん、あっきーくん・・と個人的には顔見知りが多く、賑やかな岩場となった。

さて、「トゥエルブモンキー 12b」トライ。

1便目。トラバースは安定して出来たが、その後の4P目クリップで思いつきで手順を変えたら裏目に出てしまい、あちこち持ち替えているうちテンション。気を取り直して昨日の改善ムーブで残りを繋げると中々上手くいった。1テン。
2便目。だいぶヨレていながらも、4P目までクリップ。そこから縦穴までは取ったが、次の左ガバを取れず力尽きる。1テン。

昨日今日でヌン掛け便含め7便出してお腹イッパイだった。だがムーブが安定してきて確実に1テンに持ち込んだので、来週は何とかなるはずだ!

K師は「トップオブザワールド 12d」。テント泊と比べ宿泊は快適だったようで、調子は良さそうであったが、1テンまで。厳しいクリップなどを改良し、手ごたえはあるご様子。

fujisan.jpg
↑帰りに通った国道414号から。ごちゃごちゃと三島市内を抜けるよりも、海沿いのドライブは気持ち良かった。沼津インターまで時間も大して変わらなかった。




posted by 松ポコタ at 00:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 城山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。